yukigata_web_slide5_アートボード 1 のコピー 4
yukigata_web_slide333_アートボード 1 のコピー 2
yukigata_web_slide_アートボード 1 のコピー 3
previous arrow
next arrow

雪国の人たちが、季節のうつろいを実感し、確かめる「雪形」のように、
雪国が育んできた暮らしの知恵や季節の話題を、地域に根ざした視線でお届けします。

読みもの
お知らせ
pdf

お楽しみ満載のスキー場 滑っても、滑らなくても





今年もやってきました!スキー&スノボの季節です。湯沢&南魚沼にはスキー場がいっぱい。その中から「ゆきがた」おすすめの2つを紹介します。ポイントは、滑って楽しいのはもちろん「滑らなくても楽しめる」です。 一つ目は「八海山麓スキー場」。名前の通り、八海山の麓にあり、アットホームでローカル感を味わえること、そして空いているのが大きな魅力。ryugonからは車で25分とアクセスも◎。着いてみると、スキー授業の生徒たちがあちこちに。リフトは2本で、どこから滑っても同じところに到着するので、迷子の心配がありません。リフトの乗り降りもスムーズで初心者にも安心。家族で行ったり、シニアがゆったり、散歩のように行くにはぴったりです。 リフトで頂上に上ると、雲海を突き抜けて青空の下へ。魚沼エリアでは朝、雪山の中腹に雲海が出現しますが、雪景色と低い雲の組み合わせも最高です。そして頂上では、麓が曇っていたのが信じられない絶景。滑り降りる前のワクワク感、たまりません。





リフトを降りると、冬の魚沼の名物、雲海の上。絶景が広がる





スキー場のゲートは昔懐かしい、レトロな雰囲気





ロッジの1階で美容室「サロン デ アミスタ」(スペイン語で友だちのサロン)を 開いている松田佳良子さん。東京、NY、豪華客船 の美容スタッフを経て U ターンし、家業のロッジ に開店。「スキーの合間に来てくれるといいなと 思っていましたが、お客さんは圧倒的に地元。で も観光地だけあって、旅行客の方々と触れ合うこ ともあり、いつも旅をしていたい私にはぴったり の場所です」

 





「孫とよくこのスキー場に来る」という魚沼 市の茂野さん。「最近は孫が上手になってきて追いつかない」  


二つ目は、HATAGO井仙やJR越後湯沢駅からも歩いて行ける近さの「湯沢高原スキー場」。温泉街にあるロープウェーに乗れば、全方位、眺めが良くて、期待感は高まります。そして、スキー以外のお楽しみといえば、ワイン片手のイタリアン。窯焼きピッツァをはじめ本格的なイタリア料理を「アルピナ」で。午前中、軽く滑って、心地よい疲労感の中、ゲレンデを眺めながら食べるのもよし。手ぶらで来て、ゲレンデを散歩し、食事をする外国人客も多いと聞いて納得です。帰りは日帰り温泉など、温泉街というロケーションを存分に満喫して。





湯沢高原スキー場は湯沢の温泉街からロープウエイで別世界へ





絶景のスキー場は滑らなくても楽しいの図 その1





絶景のスキー場は滑らなくても楽しいの図 その2





窯で焼いたピッツァなど「アルピナ」の料 理





ゲレンデを眺めながら乾杯。外国人客が多く8割を占める日も








 


 
ブラジルから来たフィリップさんとマリリアさん。「最初の訪問地が湯沢。雪を見に来ました」





魚沼の街中から見えるスキー場のナイター照明もまた冬の美しい景色の一つ。





魚沼米の田んぼ越しに見える上越国際スキー場のナイター照明


  ローカルな「ゆる」スキー場と町中気分が楽しめるスキー場。さて、どちらに行ってみる?

リストランテ・ピッツェリア・アルピナ 〒949-6101新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢3265-1 湯沢高原ロープウェイ山頂駅前 TEL/FAX 025-784-4682

サロン・デ・アミスタ 〒949-7235 新潟県南魚沼市荒金 56 080-4064-2080 営業時間:10:00~19:00 (要予約)

 

ゆきがたスキー部 部員募集中!

冬到来!ということで今シーズン「ゆきがたスキー部」が発足します。HATAGO井仙、ryugonのスキー・スノボ好きのスタッフと一緒に滑りに行きませんか?初心者でも大丈夫。レベルに合わせて、熟練者が一言アドバイスも行います。スキーの後はHATAGO井仙またはryugonの温泉で疲れを癒すプランです。ぜひお気軽にご参加ください。 場所:湯沢高原スキー場 2024年1月9日(火曜)、2月16日(金曜)、3月13日(水曜) 午前9時ゴンドラ乗り場集合 参加費1,100円(入浴料・保険付)全額ryugonの森に寄付されます。 リフトチケット等は自費負担となります。 参加はこちらから!

読みもの

読みもの
お知らせ
pdf
ゆきがたLINE
んまや

「ゆきがた」は、HATAGO井仙とryugonがお届けする、雪国の知恵と過ごし方の提案です。

春、雪解けとともに山肌に現れる「雪形」から名付けました。

雪国の人たちが、季節のうつろいを実感し、確かめる「雪形」のように、雪国が育んできた
暮らしの知恵や季節の話題を、地域に根ざした視線でお届けします。