yukigata_web_slide5_アートボード 1 のコピー 4
yukigata_web_slide333_アートボード 1 のコピー 2
yukigata_web_slide_アートボード 1 のコピー 3
previous arrow
next arrow
読みもの
お知らせ
pdf
雪国アクティビティ  

田んぼの中のガストロノミー

魚沼の風と景色と味を五感で満喫。
ryugonを一歩出て、少し行けば、魚沼コシヒカリを育む田園が広がっている。
春には鏡のような水面、夏になると緑の草原。秋になると黄金色に輝き、冬は一面真っ白に。
季節限定の風景、その色と光の中で、郷土の味をいただく「雪国ガストロノミー」。一足先に、体験してみた。

景色の中に溶け込むようなダイニングアウト体験

 

 

「田んぼの中のガストロノミー」はHATAGO井仙のレストラン「むらんごっつぉ」で提供している「雪国ガストロノミー」ランチを、外でも楽しんでいただきたいと始まりました。「ゆきがた」のデザインを担当する加藤が体験してみました。

ryugonからe-bikeを借りて、田んぼの中をポタリング。ちょうど稲刈りの時期で、黄金の稲穂が絨毯のよう。「稲穂の上に寝そべってみたい」なんて思っているうちにもう到着です。
田んぼが見渡せる土手の上。案内されるまま、アウトドア用の小さな椅子へ。すぐに「八海山」スパークリングが注がれました。田園風景を見ながらの一杯、最高です。
しばらくして、今度はアウトドア用の大きなテーブルに移動。(先ほどの席は食前酒を楽しむ場所だったんですね)。なぜかドキドキしてきました。未体験ゾーンに入る感じがしたからでしょう。
再び乾杯して、まずは前菜です。プレゼントの箱を開けるように重箱の蓋を取ると、山菜や煮物の小鉢がたくさん。一口食べると山菜の風味が広がりました。煮物も、味はしっかりとしているのに、体に優しいのが分かります。
そのうち、どこからともなくいい匂いが。見ると、スタッフの手に土鍋。蓋の穴からは湯気が出て、見るからに炊きたてです。蓋を開けると、中には秋が入っていました。ご飯の上にクリ、サツマイモ、キノコ、美雪マス。これが今日のメインです。ご飯がメインを張れるのは、魚沼だからでしょう。
最後には、淹れたてのハンドドリップのコーヒー(豆も挽きたて!)と井仙オリジナルのスイーツをいただきながら、ただただ景色を眺めながら、そこにいることを味わいました。
さり気なく、ちょうどいい頃合いでのサービス。言うならば「移動式グランピング」ですが、ただの贅沢体験ではありません。あの景色の中「雪国を食べる」ことで風景に溶け込み、魚沼の1ピースになったようでした。

 

田んぼの中のガストロノミー

日時:11:30~14:00(ryugon発着) 料金:6,000円(料理に合わせたドリンクは別途3,300円)
料理内容:4品のコースランチ 人数:2名から催行
予約:電話025-772-3740(ryugon)またはryugonHPの予約フォームから
*通常はryugonの車で移動。e-bike(電動自転車)で行く場合は別途レンタル料

お申し込みはこちら

読みもの
お知らせ
pdf
ゆきがたLINE
んまや

「ゆきがた」は、HATAGO井仙とryugonがお届けする、雪国の知恵と過ごし方の提案です。

春、雪解けとともに山肌に現れる「雪形」から名付けました。

雪国の人たちが、季節のうつろいを実感し、確かめる「雪形」のように、雪国が育んできた
暮らしの知恵や季節の話題を、地域に根ざした視線でお届けします。